個別受注型生産管理の加工職人シリーズ|特殊鋼商社&部品加工のメタルマン|鋼板の切断加工 構造物製造ならメタルマイスター|機械装置製造なら組立名人

金星・月・木星が等間隔でほぼ一直線に並んだ!

ブログ

金星・月・木星が等間隔でほぼ一直線に並んだ!

金星・月・木星

昨夜2012年3月26日、 金星・月・木星(上から) の3つの星が等間隔でほぼ一直線に並ぶ様子が観測されました。

金星・月・木星 がこのように並ぶのはおよそ7年ぶり(2004年以来)のことで、26日 日没後の西の空に輝く星が非常に綺麗でした!

次にこのような 天文ショーが見られるのは、2015年11月頃。今度はこれらに加え、火星を含めた4つの星が並ぶのだそうです。楽しみですね!


今日の名古屋は春めいて快晴の青空が広がっています。




EXCELで作成した仮注文書のインポート

複数個所に部署が分れ、全てにPCが導入されていないケースがあります。
今時、コスト面というよりは運用面で導入できないケースがあります。

そうなりますと、PC導入部署でカバーしなければならず、負荷が増えてしまいます。

例としてですが、製造部材を社外に手配する場合、先行して現場で手配をかけてしまう場合があります。
PCが導入されていない部署等です。

そうするとサーバへの手配登録が事後処理になってしまい。実績処理で運用が大変になってしまいます。

現場での手配の場合、手配方法が部署ごとに違っている場合がよくあります。

我々システム屋としては、全てのセクションにPCを導入して欲しいのですが、上記理由等で、なかなか導入が出来ません。

そこで、

  • 現場での手配を統一したEXCEL書式にして登録します。
  • それを仮注文書として手配を行ます。、
  • そのEXCELデータをPC導入セクションにメールで送ります。
  • PCでインポートさせ、正式注文書を作成して送付します。

という仕組みがあります。(何回も面倒くさいですが.....)

こうする事で、PC導入セクションへの入力の負荷を減らし、且つ導入されていないセクションでも標準化が進んで、時期システム導入の足がかりが出来ます。

決してPC機器は上から押し付けて使わせるのでなく、現場サイドからの要求で導入する事が、導入をスムースに行う方法ではないでしょうか。

にほんブログ村 経営ブログ 生産・在庫へ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。 気に入った記事や参考になったと思った時は応援のポチを頂けると嬉しいです。


コメント



認証コード7449

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional