個別受注型生産管理の加工職人シリーズ|特殊鋼商社&部品加工のメタルマン|鋼板の切断加工 構造物製造ならメタルマイスター|機械装置製造なら組立名人

危機管理

危機管理システムにつきまして

今回、東日本大震災で被災されました企業様に、お見舞い申し上げます。

天災等でサーバを破損した場合、機器は代替え機を設置することで対応が出来ますが、データとネットワークの復旧は、予め危機管理システム対応をしておきませんと、復旧する為には、時間とコストがかかってしまいます。

弊社では、コストをかけることなく、速やかに全社システムを復旧できる、危機管理システムにつきまして説明いたします。

  1. 予め障害時に切り替える、専用のサーバを、本サーバから離れた遠隔地に設置します。

  2. 夜間バッチ処理(例えば朝3時)で日々障害用サーバに、データのバックアップを採ります。

  3. 障害が発生して、本サーバが破損してしまった場合。

    1. 障害用サーバのシステム環境を最新版に更新します。(弊社作業)

    2. 全社クライアントPCに対し、障害用サーバに切り替えを行います。

      • 予め障害用メニューを作成しておくことも可能です。

    3. 以上で、障害用サーバが本サーバとして稼働可能になります。半日程度での復旧作業になります。

  • 障害用サーバは一時的と考えるのであれば、安価なサーバで構いません。

  • データは朝方3時の状態に戻りますので、以降発生したデータは再度入力しなければなりません。

  • 遠隔地に設置した障害用サーバに対し、リアルタイムで同期を取ることは可能ですが、コストが比較にならないくらいかかってしまいます。通常の業務システムにおいては、最大1日位のデータは、再登録が可能と判断して、最低限のコストで、いざという時安心な、危機管理システムを提案しています。 
































    a:2268 t:2 y:1

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional